世界一周28日目〜城に囲まれた街

こんにちは、ユウキです。

 

今日はギリシャのクレタ島、ハニアで思い出してこの時のことを書いています。

ここクレタ島とキプロスは地理的にも文化的にも言語的にも色々近いのでごっちゃにならないように気をつけないといけません。

 

さて、この日は再び北キプロス側、東側の地域、サラミスへ。

ここは新約聖書の中で使徒パウロが立ち寄ったところとして登場します。

その地でパウロは兄弟分のバルナバをこの地の教会を育てるために任命し、別れたと言います。

この日はそのバルナバさんのお墓があるという教会へ。

南側にくらべ、北側全般に言えることなのですが、開発が進んでない感が否めないので、基本的に街と街の間はこんな感じの景色がひたすら続きます。

北海道、といわれてもまったくわからないです。

首都ニコシアから車で1時間、かなりout of nowhere的な(ここどこ的な)ところに、どどんと、その教会があります。

僕らが帰るときに入れ違いで観光バスがきたのも見かけたので、観光地の一つなはずなのですが、その雰囲気をまったく出していない感じが素晴らしいです。

周りには見渡す限りの自然。

街まで車で15分なので、そんなに田舎でもないですが、街中でもない。

変わった植物がちらほらある、大草原の中にあります。

中に入ると、礼拝堂と回廊があり、回廊の中ではここキプロスの各時代の土器が年代順に並べられていました。

すごく不思議なのが、どの国に行っても土器ってほとんど同じなんですよね。

お皿とかランプとかは生活必需品として分かるのですが、土偶とかね…なんで作っちゃうんでしょうねぇ?

そしてほとんど必ず、豊穣を願って(というていで)、胸がふくよかな女性の土偶、これがあります。

もちろん、細かいデザイン性だったりは違うし、少しずつ分岐・変化していっているのですが、日本も含め元々人類のルーツが(もしくはその思考回路が)同じということを感じます。

 

その後、礼拝堂に入ると、キリストやマリア、弟子、ギリシャ正教会の聖人たちの絵がたくさん並んでいます。

おなじキリスト教でも国によって教会がかなり違うのが面白いです。

そして、そこから2分くらい歩いた、離れ、の位置にバルナバの墓があります。

こじんまりとした作りで、10人も入れば満員という1階を降りて、地下1階にいくと、墓らしきものがありました。

残念ながら特に表示もなかったので、推測ですが。

しかし、お墓よりも印象的だったのが、鳥の巣でした。(地面にやたらフンが落ちていて気づいた)

改めて周りを見回すと、不思議と平和を感じるような場所でした。

近くに、なんかすごそうな遺跡がありましたが、なんの表示もなく、まったくガードもされてませんでした。笑

その後、お腹が減ったので車を走らせ、近くで唯一空いていたケバブ屋に突入。

これを逃すと、次の目的地まで30分近く、あの草原を走ることになるので早めに栄養補給。

骨董品だらけの、いかしたお店でした。

 

次の目的地は、ファマグスタという街。

入り口がわからず、google mapを見てみると、車のまま遺跡につっこめと書いてあり、恐る恐る近づいてみると、後ろからも車がきたので入れることを確信。

事前に知らないと、え?ここ?というところに道があります。

外観は完全にドラクエ8な、3Dな感じの城壁が長く続いてます。

絶賛工事中ですが笑

ファマグスタは旧要塞の中に建てられた街で、現在、世界遺産登録を目指して頑張っているとか。

「南キプロスはEUに入りヨーロッパからの観光客誘致に成功したが北は失敗した」と聞いていましたが、その統計が果たして信頼できるものなのか、僕には疑問に感じられました。

というのも、たしかにヨーロッパから南キプロスに入国した数と北キプロスに入った数を比べたらそうなるかもしれませんが、結構高い確率で、南に入った人たちが北にも来ている、という形跡を感じたからです。

実際、北キプロスの観光地も見かけたのはほとんどヨーロッパ系の方々でした。

入ると、どどんと、 THE 観光地な街が広がっています。

かなりオシャレなとことかもあって、みんなインスタ用の写真をとってました。

うちもぱしゃり。

その後、街中の建造物群の多さに圧倒されました。

ほとんどが教会関連なのですが、端から端まで車で15分、歩いても全然回れる小さな街に20個以上入ってます。

そしてひとつひとつが結構すごくて、大きいです。

しかし、その後イスラム勢力によってモスクに変えられたところもあります。

この、近代的な建物とのなんともいえないコンビネーション。

中に入ると、天井がめちゃくちゃ高く、ヨーロッパの大聖堂という感じです。

そして最後にオセロ城に行きましたが、閉館間際で、入れませんでした。

その代わりに無料の城壁に登って景色を楽しみます。

かなり見ごたえがありました。

滞在しているニコシアからは1時間だったので、気軽に何度もこれる距離ではありませんでしたが、事前に知っていたらファマグスタに1-2泊してみても十分楽しめると思います。

僕らは、30個近くある遺跡の半分もいけませんでした。

 

その後、友人と会うためにニコシアへ戻ります。

連れて行ってもらったレストランのトイレが印象的だったので思わず撮ってしまいました。笑

その後、南キプロスの東、空港近くの街、ラルナカへ。

大移動続きの長い1日がやっと終わったのでした。

 

つづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です