世界一周43日目〜アテネの遺跡→湖へダイブ!→コリントス

アクロポリス

こんにちは。トモミです。

この日は前夜の夜更かしが響いてみんなギリギリに起床。

そして、引き続き約1名が不調を訴えています…かなり回復したけれど、あと半日は回復に必要とのこと。

色々と相談した結果、ヒトミちゃんと二人で午前中に世界遺産であるアクロポリスの遺産を楽しむことに。

 

メトロで最寄の駅に着いてビックリ!もう見えます!

そしてチケット売り場に並ぶ列。これは結構待ちそう…

そして遺跡の近くにはネコたちが。

列に並んでいる人たちを癒してくれていました✨

どの国の人も”猫なで声”になるのは面白いですね(笑)

そしてあちこちに咲き乱れる桜っぽい花。

綺麗!濃いめのピンクの色で梅と桜を足して割ったような色合い✨

30分ほど待って無事に入場!入場料は10ユーロ。思ったよりも安くて一安心。

そして入ってすぐに遺跡の山!

その辺中に転がってる!

どうやら昔の偉い人だったんじゃないかと思われる彫刻も。

こちらはディオニソス劇場跡。

紀元前325年に作られ、15,000人も収容できる大きな劇場だったようです。

自由に座ったり登ったりできるのが面白いところ。

そして少し進んでいくと…おお!アテネの市街が一望できます!

日差しが強すぎて変な光が入ってしまいましたが…ぎっしり建っている広大なアテネ市街を一望できるのは壮観です。

そしてかなり急な登り坂を汗ばみつつ登っていくと…

プロペリア門!

手に触れられる距離で遺跡の中に渡してある木製の渡り廊下で奥へ進んで行きます。

ちなみに、触れるのは禁止されていてうっかり近づきすぎると監視員の方から笛を鳴らされて叱られます。

テンション上がりすぎて触れそうになった人が続々と注意を受けていました…

そして門をくぐってすぐに見えてきたのが、

エレクティオン!

紀元前5世紀末に完成した建物で、6人の少女像を柱にした柱廊で有名。

こちらはレプリカで本物は博物館で展示中。

首のところが細いのでポキっと折れていないのが凄いところ。

そして振り返るとあるのが有名なパルテノン神殿!

片面は絶賛修復中。

反対側に回ると…おおー!!立派!

遺跡大好きなヒトミちゃんの笑顔とセットでさらにナイス!

よく見ると柱の上には細やかな柄が施されていて、さらにその上には立体的な彫刻跡が。お馬さんが顔を覗かせています。

いかにダイナミックかつ繊細な建築だったことか。

これを修復するだなんて途方もない作業です。

ちなみにパルテノン神殿周辺には修復用に使用するそれらしきブロックがゴロゴロ転がっています。

恐らくバランスを見ながら組み立てているのだと思います…大変!

そもそも当時もこんなに大きな岩山の上にこんなに大きな石を持ってくるのも大変なのに、細やかな装飾まで彫り込んでしまうだなんて…途方もない作業だったんだろうと

さらに奥に進むと展望台があったので登って見ることに。

おお!遺跡もアテネの街も一望できます!

そして真上にはためくギリシャ国旗!

これは爽快!!

初夏の日差しでしたが、風は爽やかな春の風。この壮大な景色とこの天気は最高のコンビネーションでした。

ちなみに、ほぼ全ての歩道が大理石でできていて多くの観光客が通っているためかツルッツル。

強い日差しを鏡のように跳ね返して、サングラスを着けていても目が痛い!

そしてうっかりすると滑ります。少しでも足元が濡れている日だったら本当に慎重に歩かないと危険なレベル。

 

足元に気をつけつつ、遺跡を降りることに。

先ほど通ったプロペリア門では大渋滞に。お昼時が近づいているせいか、みんな一斉に出口方面に殺到しています。

ふと横を見ると一心不乱に修復作業にあたる方が。

修復作業も間近で見れるのはとても貴重なので思わずまじまじと見てしまいました。

そして門に目が奪われて見逃していたアテナ・ニケ神殿を去り際に見学。

小ぶりの神殿で、勝利の女神を祀っていたのだとか。

さらに下って行くと行きに見逃していたイドロ・アティコス音楽堂。

アテネの政治家かつ大富豪だったイロド・アティコスが、父の遺産をもとに、紀元161年にアテネ市に寄贈したものとのことで意外と最近の物。

約6,000名を収容できるとのことで現在でもコンサートなどで利用されているためか保存状態も良くとても立派!

一度ここで何か演奏を聞いて見たいものです〜きっと素敵なんだろうなぁ〜(妄想中)

なんだかんだで時間はもうお昼。

寝込んでいるユウキくんに連絡をして見たところだいぶ回復したので午後は一緒にお出かけしたいということになり

レンタカーを借りてレッツゴー!

 

 

アテネのブリアグメニ湖へ

まずは小腹を満たすべく軽めのランチを買うことに。

パイ生地で美味さたっぷりのフェタチーズやひき肉、トマトなどが様々な組み合わせで包み込まれたパイたち。

3種類買って3人でシェア!うんまーい!

口と服がパイ生地まみれになりましたが(笑)美味しかったのでOK!

 

小腹も満たせて、ユウキくんもテンションが上がりつつあります。良かった〜

そこで、前から気になっていたアテネにある温水の湖に行って見ることに。

天然の温泉が流れ込む湖で泳げると聞き、なんちゃって温泉を期待していた私たち。

寒かったイタリアで飢えていたものでもある温泉!熱々じゃなくてもいいから入りたい!泳ぎたい!

 

到着して見たところ、結構立派なリゾート風。

でも、入場料は意外と5ユーロ。良かった…

そして泳いでいる人がいるー!よし、行こう!!

鍵付きのロッカーも温水シャワーも着替え場所も完備だったので安心してバッチリ水着に着替えた私たち。

再度湖に行って見ると、以外と厚着をしている人もいます。

でも、ザバザバ泳いでいる人も。

水温チェック!と足を入れて見たら…

おや?ぬるい?ってか冷たい??

 

そしてくすぐったい!!!

ドクターフィッシュが大量に足に寄ってきます。

天然なのかはわからないですが、ものすごい勢いで角質を食べてくれます。

そして冷水より少し暖かいぬるい水に入って泳いで見たところ、塩水!

そう。塩湖なのです。

塩分が高めなのか、心なしか少し浮きやすい?

奥から泳いできたおじさんに比較的温かい場所を聞いて一応スイスイ泳いで見ることに。

気持ちあったかい…かな?

 

少し寒いけれど、自然の湖で立派な岩山を目の前に泳ぐのは新鮮!

波が無いけれど海で泳ぐような気持ち良さもあって何とも言えない不思議な感覚。

この時期の海より圧倒的に暖くて、ドクターフィッシュがいるので何だかんだ湖で一通り楽しみ、ダッシュで温水シャワーへ(笑)

楽しかったー!でもやっぱり夏に来た方が良さそうですね(笑)

波が苦手だったり、子供と一緒に大自然で泳いで見たいっていう人には設備もきちんとしているしライフガードもきちんといるし、浅い場所もあるのでオススメですよ!

 

コリントスへ

そして、この日は前から気になっていたコリントスへ。

新約聖書で登場する場所でもあり、これまでの旅で会った人には”特に聖書にまつわるものは残ってないし、何も無いよ”と言われてなおさら確認したくなった場所でもあります。(笑)

 

高速道路に乗っていざ、コリントスへ!

ちなみにこちらの高速道路。まさかの法定速度130キロ。

そう。まさかの時速130キロです。

そして周囲の車は 時速130キロを超えていて暴走しまくっています。オソロシヤ…

めげずに運転をしていたら料金所でまさかの兵士さんと目があってしまいます。

顔が泥パックみたいになっていて結構ビックリしました…

試しにニッコリ微笑んで見たらあちらもニッコリ。

会釈をして見たら奥のトラックの兵士さんたちは律儀に会釈返し。

真面目な兵士さんとちょっとほっこりタイム。

見た目はいかつかったけれどみんな好青年な雰囲気。

その後もハイスピード運転を乗り切り、無事にコリントス到着!

着いて最初に発見したのが…廃線跡(笑)

映画に出て来そうなノスタルジックな雰囲気。かなり草がボーボーです。

 

そして近くに生えていたレモンの木でカボチャの形をした珍しいレモンを発見。

突然変異かな?他のレモンは見慣れた形。

ちなみにこちらでは街路樹がオレンジやレモンがたくさん。

試しに落ちていたオレンジを向いて舐めて見たら…すっぱーーーいい!!!苦い!!!!

3人で悶えました…(涙)

もうこれは食べられたものではありませんでした…香りは素晴らしかったのですが…残念。アロマにするしか無いかと。

 

そして、朝に見かけたお花とはまた別のもっと桜っぽいお花を発見。

葉っぱがワインレッドなのが特徴的。桜の一種なんでしょうか…?

こちらが市内中心部。

古代ギリシャっぽいモザイク画が床にはめ込んであります。

でも、そのほかは結構現代的!

意味深で面白いモザイクアート。

そしてそのまま道を進むと港に。

回復した喜びの舞を踊るユウキくんwithペガサスの像。

結構立派なモニュメント&泉です。

港から見える景色は近くにある島が見えて、空が広くて気持ち良いー!

 

海の透明度に感動したり、船着場にたくさんいた小魚にテンションが上がったりしていたら既にレンタカー返却時間に向けて後少ししか滞在できないことに気付き最後にちょっとお茶休憩をすることに。

 

ちょっと一息いれるためにアイス王子であるユウキくんは回復祝いにアイスを。

女子二人は店員さん一押しのフラッペ。

ギリシャ人が大好きなエスプレッソ、ミルクを冷やしながら泡だてて作る、ふわふわのアイスコーヒー。

甘さ控えめで頼んだけれど、甘ーい!笑

そしてふわふわ食感が新鮮。美味しい✨

少しリフレッシュをして、最後にコリントスにある遺跡をチラ見してから帰ることに。

 

古代コリントス遺跡!

遺跡は古代からローマ時代に建てられたもので、特に中央の小高い丘の上に建っているのが紀元前6世紀の中頃にできたとされるアポロン神殿。

ギリシャに残る神殿の中でも最も古いもののひとつとのこと。

ちなみにまさかの入場せずにフェンスの外から全貌が見えてしまい、ビックリ。

左側にずーっと遺跡跡が広がっていてなかなか広大で発展した街だったことがわかります。

ゲートも閉まっていたので遠目で眺めて大満足。

やったね!

そして近くにあった教会にはコリントの信徒の手紙がいくつかの言語で書いてあって、

コリントス感がようやく出て来ました(笑)

短い滞在でしたが、誰にも勧められなかったコリントス、結構楽しめて大満足!

美しい夕日をバックにレンタカー返却!

何とか閉店前にレンタカーを返却し、ふと気づいたのが

ユウキくんだけがまだアテネを全く見ていないということ。

 

遺跡のライトアップがあるので市内の遺跡をいくつか見て帰ろう!ということになり少しお散歩することに。

まずはハドリアヌスの凱旋門。

写真だと少しわかりにくかもしれませんが、奥に見えているのが午前中に行って来たアクロポリスのライトアップが見えます。

振り返るとゼウス神殿!

完成形が残っていたらパルテノン神殿よりも大規模な建造物だったとのこと。

柱が崩れている箇所も。

ライトアップは浮き上がるように遺跡が見えてなかなか素敵です。

そこから歩いてすぐのところにあるアクロポリスのお膝元へ。

おおー!ライトアップバージョンはまたすごい!

そんなこんなで夜も遅くなり、大移動でクタクタの私たちは帰宅することに。

そして宿泊先のホストと話が盛り上がり、深夜近い時間にも関わらずインタビューをさせてもらえることに。

アテネの若者目線で見たギリシャについて、とても興味深いコメントをいただくことができました!

後日公開予定のYoutubeをお楽しみに!

 

盛りだくさんだった一日。翌日は早速クレタ島に移動することになっていたので準備をして寝ることに…みんな爆睡でした✨

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です