世界一周68日目〜3時間北京観光、そしてイギリスへ

こんにちは。トモミです。

 
トランジット先でぐっすり寝て迎えた朝。
前日に発生した荷物問題で若干体の疲れがありましたが、爽やかに起床!
 
 

トランジットチケットの苦悩

前日のブログに書きませんでしたが、
今回のトランジット、実はトランジットチケットならではの問題が。
①手荷物はまさかの5キロまで
②基本的にトランジット先では預け荷物が取り出せない
(取り出さなくても良いようにしてくれている配慮とのことですが…)
 
っということでいつもできていることができず…
①機内持ち込みOKサイズの荷物2つだけで旅をしている私たちも泣く泣く荷物を預けることに…
②いつも重い荷物はキャスター付きのリュックに入れて転がして歩いていたのですが今回は小さいリュックに一泊分の荷物を押し込んで背負って歩くことに…涙
 
 
そんなこんなで世界一周をしている人の中では珍しく背中にあまり荷物を背負って来なかった軟弱な私たちは思わぬ筋トレをすることに(笑)
 
北京で一泊できるトランジットチケット。皆さん要注意ですよ。
 

3時間で北京観光

さて、せっかくの北京。寝て終わるだけではもったいない。
っということで3時間限定で観光をすることに。
 
 
地下鉄に乗っていざ、天安門広場へ!
 
この広場の名前を聞くと天安門事件の方がよぎるのは私だけでしょうか?
駅に着いて見たら大量の中国人の流れに流されつつ
セキュリティーゲートで簡単なチェックを受けたら
天安門が!
 
そして近くにいた人の写真を撮ってあげたと思ったら噴水ショーが!!
かなり高くまで水が上がってきていてビックリ!
音楽と共にダイナミックに吹き上がる噴水。
車道の反対側にいたのですが、音楽が大音量で聞こえてきて壮観。
ただ、間の道はかなり交通量があったので今思うとかなりの爆音。さすが大胆です…!
 
 
噴水ショーを楽しんだ後は地下道を通って天安門広場へ。
だだっ広い!
 
お花が綺麗!
 
ってか広場も綺麗!
確かにここで学生が座り込みをしたのもわかる広さ…
ただしゴミがほとんど落ちていないことにはビックリ。
こんなに観光客が集まっているのに電動バイクで掃除の方がこまめに掃除しているので綺麗!
 
 
そしてまた地下道を通って天安門へ。
毛沢東の巨大な肖像画は近くで見ると意外と色の区切りがはっきりしていて印象が違います。遠くから見たときに印象的になるように描かれているのでしょうか?
 
それにしても巨大な門です。
 
 
ここではラッシュアワーの駅構内のような大量の人の波に流されつつ中へ。
瑞門を通り…
 
紫禁城の入口、午門へ。
 
この日は気温が27度で湿度が高く、日差しもかなり強め。
トランジットチケットダメージ+空腹を覚えていた私たちは
紫禁城に入るのは時間的にも体力的にも厳しそうと判断し入らないことに。
(時間目安は途中でツアーガイドさんがツアー客に”メインの所を見て回って2時間後に集合!”と言っていたので…)
 
地図で見ても壮大さがわかります…
 
ただし、ここからが意外と大変でした。
 
来た道を引き返せば出られると信じていたのですが、天安門から出ようとしたら警備員にものすごい勢いで叱られあえなく引き返すことに。
 
”出口?”と手書きでメモに書いたものを各ポイントで見せて歩き、
中国語で説明を受けつつ(笑)指差された方向に向かうと…
午門を向かって右側から出れたことを知り午門と天安門をまさかの一往復半してしまいました(笑)
 
柳の木陰で涼める紫禁城のお堀端に癒されつつ…
 
ようやく外の世界へ!規模感がすごい!紫禁城!
 
 
意思疎通は言語を越えるけどわからない中国語
まだ数時間しか北京にいないので語る資格はないかと思いますが、
他の観光地と比べて話しかけられる率と助けてもらう率が高いので何だか新鮮な気分。
 
私たちが中国人に見えるらしく、(特にメガネを新調したユウキくん)
かなり積極的に中国語で話しかけられました。
 
ただし、表情やジェスチャーなどで何となく言いたいことや
悪いことをしようとする人じゃないということはわかるので
なんだかんだ助けたり助けられたりで面白い!
 
なけなしの語学力で”謝謝(ありがとう)”を全力の笑顔で伝えることしかできませんでしたが、
無視をする人は全然いなくて人との距離感が近くて妙に落ち着くところもあって不思議な気分でした。
 
中国人について良く無いイメージを持たれることが日本ではありますが、
会って体験して見ることってとても大切だと思います。
 
 

中国のアイス食べ比べ

暑くて汗だくてヘトヘトだったので空港に行く前にアイスでクールダウンすることに。
スーパーで見て見ると…よくわからないフレーバーが沢山。
漢字が読めたところで何のフレーバーかわからないものが沢山。ううむ。
 
とりあえず無難に美味しそうな香港のミルクアイスクリームと
チャレンジ枠のアイスクリームを食べて見ることに。
 
 
 
感想。
ミルクアイスは濃厚で普通に美味しい!安心して食べれる味。
チャレンジ枠はナツメ味。外側にホワイトチョコレートがコーティングしてあって、甘さ強め!
砂糖の量というよりかはナツメの香りが強くて甘い香りが強い印象。
個人的にはナツメの香りが好きなのと甘いものを求めていたのでペロリ。
甘ったるい香りが苦手な人にはキツイかもしれません。
 
 
そんなこんなでエンジョイした北京トランジット。
滞在が短すぎてインタビューはキツかったですが、改めて訪問して見たい国になりました。
 
いざ、ユウキくんの思い出の国イギリスへ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です