世界一周88日目〜あのチョコレート工場

あのチョコレート工場

こんにちはユウキです!

 

今日はあのチョコレート工場のモデルになったところに行って来ました!

 

まぁ、工場っていうくらいなので日本のみなさんは工場を普通にイメージしますよね?
で、あの映画を見て「そんな工場ないでしょ」と思ったことと思います、

 

が、

 

あるんです。

まさに、それ!っていうところが。

 

まずは一見、普通の工場っぽいです。

 

よーく見ると、周りになんかあります。

そう、これも工場の施設の一角。

え、遊園地?と思いますよね。

この時点で普通の工場ではない。笑

 

まずは入り口を探します。

ここまでUBERで来ましたが、UBERのドライバーのお兄ちゃんが「マジで考えてるより広いから入り口まで連れてってあげるよ」と言い、目的地到着後も丁寧に入り口まで連れて行ってくれました。

そのときはその意味がわかりませんでしたが、この写真を見てください。

 

え、さっきの写真と同じじゃん、と思いましたね?

いえ、実はこの工場の前の部分だけでなく、写真に写っている全風景がこのカドバリーチョコレートの所有地なのです!

というかむしろ、このカドバリーチョコレートが工場を中心に街を作っちゃった!というとんでもない話なんです。

その中には、学校や保育園、病院や教会までも…そして巨大な庭園と住宅街も。

なんじゃそりゃあ!!

 

さて、ようやく入場。

入り口で早速チョコをもらえます。

 

二人で事前にネット予約していてちょびっと安くなって32.3ポンド(約5000円)。

工場見学の割には高いなぁと思いつつ、いざ最初のドアを開けて見ると納得。

そう、工場っていうかね、ディズニーランド的なとこです。笑

 

ここでそもそもチョコレートがどうやって生まれたかの歴史を学べるようになってます。

南米の原住民だけがカカオ豆を知っていた時代。(ちょっとこわい)

 

スペインの南米進出でカカオ豆がヨーロッパに渡ります。

というかチョコレートというものが当たり前に生活に馴染み過ぎてて、それがどこからどういう経緯で入って来たのかなんて考えたこともなかったです。

 

その後も、いくつかのシアターでムービーを見ながら、椅子が動いたりなんだったりでもうディズニーのストームライダー的な感じ。

工場見学で一人2500円は高いですが、このアトラクションの量とクオリティでは逆に2500円は安いかも?

とにかく楽しいです。

 

アトラクション続きを乗り越えた後は、体験コーナーでチョコペンを握らせてもらったりしてようやく、ここが”工場と言う名のテーマパーク”ではなく、実際の工場でもあることを再確認させられます。

 

こちらではお姉さんがチョコレートの靴を作ってます。

 

で、完成版がこちら。

すごい!!

 

他にもチョコのティーポットや、

 

なんとお城まで!

 

作りたてのチョコの試食もできます!

めっちゃうまい!けど、あまり食べすぎると鼻血の危険性が…

 

その後は、なんとディズニー的な乗り物まであります!

 

オリジナルキャラのチョコレートの妖精?みたいなのがとにかくおされてます!

よくわからないけど普通にかわいい!笑

 

そして完全にプーさんの乗り物と同じ感じ。笑

 

いやぁ、超大満足でした。

本当にディズニーランドで乗り物のったくらいの完成度と満足度。

 

乗り物の後は、カドバリーチョコレートの昔の広告をモデルに作ったエリア。

結構ファンキーなCMを作ってたのが面白かったです。

イギリスで育ってたらもっと楽しいんだろうけど。笑

 

そんなこんなでメインの建物だけでも2時間コースでしたが、外にも4Dシアターがあったりで充実!

そしてなぜかテーマカラーの黄色と紫コーデだった妻はスタッフと間違われかけてました。笑

 

少なくとも半日コースですが、超充実なのでおすすめです!

 

つづく

 

 

★ブログランキングに参加しています★

ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

最後にぜひ、以下のいずれかのボタンをポチッと押してください!ご協力お願いします✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です