世界一周93日目〜中世の城と、ディーゼル機関車の旅

血なまぐさい歴史ある〜ハーレフ城

こんにちは。トモミです。

前日に引き続き、本日も世界遺産に登録されているウェールズの古城シリーズのひとつ

ハーレフ城に行ってきました!

 

北ウェールズで城を見るならここ!という城のうちの一つ。

立派です。そして保存状態が良い。

そしてこちらも前日に引き続きエドワード一世が建てたのですが、ハーレフ城は特にウェールズ征服の拠点ともなった場所。

 

城の入り口では入ってきた敵を鉄の二重門で閉じ込めて戦えるようになっていたのだとか…恐ろしや。

征服されたウェールズ人たちは重税を課せられ、そのお金でどんどん他にお城を建てられ…

フランス遠征時に派兵されて…

散々な思いを経験し怒り心頭!そこで反乱を起こしたのもこのお城。

お城の中は修復作業が進められていて、城壁の上は自由に歩き回ることができます✨

反対側には海が広がっていたとのこと。

現在は北ウェールズ沖の強い風や嵐で飛んできた砂が堆積して海が少し遠くなったのだとか。

お城の麓にあるお家たちも昔は海の中。

反対側も山といってもなだらかで城下町が目の前にあるので敵が攻めてきても良く見えたのではないでしょうか?

今では美しい景色を楽しめる場所になっていますが、ウェールズの反乱や、薔薇戦争でもランカスター側が籠城したり、イングランド内戦の舞台にもなったり…

 

ポルスマドグでディーゼル機関車に!

 

ランゴレンにて蒸気機関車の機関室に乗せてもらえて大興奮だったユウキくん。(その日の記事はこちら

北ウェールズでは機関車乗車体験が各地でできるということを聞きつけ、

色々と調べた結果、一番お得でルート的に立ち寄れる

ポスルマドクにあるWelsh Highland Heritage Railwayへ。

 

事前調査ではホームページなどでの情報が少なく、口コミでどうやら良いらしいとの情報のみ。少し不安を抱えつつ到着。

 

結構ギリギリについたのですが、

チケット売り場のおばさまはゆったりお客さんと話しつつチケットを準備(笑)

 

そしていよいよ乗車!

今回はディーゼル機関車!

お客さんは私たちも入れて4組だけ。めちゃくちゃゆとりがあります(笑)

せっかくなので機関室の隣の車両最前部へ。

 

同じ車両には後1組しかいなかったので撮影も自由に。

こんな感じに(笑)

そして雰囲気を味わえるように切符は車内で切ってくれます。

懐かしい~!

そしてテンションだだ上がりのユウキくん✨

見てくださいこのドヤ顔!

そんなこんなでワイワイ盛り上がっていたら

同じ車両にいた夫婦+ワンコから声をかけられて

写真を撮ってもらえることに。

うるさくしてスミマセン…(笑)

ゆったり牧場横を通過してしばらくしたら終点。

結構あっという間に着いてしまいます(笑)

そして車外に降ろされて何となく人の流れに着いて行くと…

線路の切り替えの機械前にみんな大集合!

唯一いた子供に鍵を渡して開けさせようとしたり、

切り替えのボタンを押させてあげようとしたのですが…

シャイすぎてママにがっしりしがみついてしまうという(笑)

担当の人も笑ってしまってます(笑)

 

そして機関車の切り替え作業が目の前で実演されるのですが

一番テンションが上がっていたのは間違いなくユウキくんとワンコ(笑)

 

切り替え後はまた機関車に乗り込んで次の駅へ。

そこには機関車ミュージアムが!

 

正直あまり期待していなかったのですが、

蒸気機関車に登れたり…!

操作室もいじれたり…!

その他にも映像と振動とセットで体感できる操縦士体験コーナーもあったりと大人も楽しめるミュージアム!

ちなみに機関車が導入される前は馬が滑車に乗ったカートを終点まで連れて上がって、

荷物が乗った帰りは重力だけで戻れるので馬も貨物に載せられていたのだとか。

よく暴れなかったなぁ…

ちなみ運ばれていたのが世界でもトップの輸出をしていたスレート。

一つのカートで2トン近くも乗っていたのだとか。

これを重力だけで降ろしてくるのはなかなかスリリングだったのではないでしょうか…?

ちなみにスレートの産出場所は機関車乗り場に向かう途中で見たのですが

何じゃこりゃ!?という景色。

写真だとわかりにくいかもしれないですが、山全体が巨大なスレートが折り重なるようにして

積み上がっているような感じ。

 

地震とかあったらこの近くの集落が一気に埋まりそうな感じ…

地震大国、日本出身者としてはここを一番心配してしまう(笑)

このスレートたちを港に持って行くために馬だと効率が悪かったところに

蒸気機関車が導入されて山で働く労働者も乗ることができて

画期的に便利になったのだとか。

 

そんなこんなでフムフム展示を読んでいたら、

“ミニトレインに乗りませんか?”とのお誘いが。

せっかくなので全員(ワンコ含む)乗車することに(笑)

結構狭いところをグングン進んでいって

川の上も通ったり2回も切り返したりと結構楽しい乗車体験!

イギリスらしいジョークの効いたこんなモニュメントも途中にあったりして(笑)

“1765年、ここでは何も起きなかった”というミニチュア記念碑(笑)

ひたすらゆるい雰囲気で楽しめる機関車体験。大満足でした~!

ついでに町も探索していたら…

 

“ポォーーーーー!!”

 

ん?蒸気機関車の音じゃない?

と前を見たら町を横切る機関車が!

こちらはもっと長距離を楽しめる蒸気機関車。

 

町にいる観光客も写真を撮ったり手をふったり…和やかムード

機関車のスタッフも手をふって答えてくれます。

いやはや癒されますね…

血なまぐさい歴史が残るウェールズですが、

現在のスローライフ大好きなウェールズ人のペースに合った

ノスタルジックな機関車の存在がその血生臭を優しくカバーしているように感じました。

 

つづく。

 

★ブログランキングに参加しています★

ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

最後にぜひ、以下のいずれかのボタンをポチッと押してください!ご協力お願いします✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です