世界一周143日目〜シャルルロワ 、休息

こんにちはユウキです。

 

いよいよベルギー編も最終日

 

明日からは念願のクロアチアに入るためにまずはイタリア、ミラノの近くのベルガモという街に飛びます。

なぜかって?

 

それは、ヨーロッパ旅行の強い味方、Ryanairという格安便のせいです。

 

基本的にEU全般に飛び回っているこの航空会社ですが、安いところはまさかの1000円以下で飛べるのです。

一応、打ち間違えじゃないと証明するためにもう一度。

1万円ではなく千円以下です。

 

結論から言うと、クロアチアに直接飛ぶよりもベルガモに降りてから陸路でイタリア→スロベニア→クロアチアと入る方が俄然お得だったのでこちらのルートをとりました。

 

もしくは、本来ならそのまま陸路でベルギー→ルクセンブルク→南ドイツ→スイス→イタリア…と行きたかったのですが、今のペースを考えるとシェンゲン期間中にとても間に合わなそう、というのと、ヨーロッパ全土が記録的な猛暑で35度超えということもあり、一刻もはやく海を目指すことにしました。

 

そんなわけで、格安航空会社Ryanairの都合で、ベルギー発の空港もブリュッセルではなく、シャルルロワという、南部片田舎の空港へ。

 

この日は住み慣れたwifi爆速のブリュッセルの宿を離れ、シャルルロワに移動しました。

 

到着するまでにまたしても炎天下。

 

もう完全にバテてしまって写真一枚も撮ってません。

 

というか、到着後も翌朝の早朝便に間に合わせるために一刻も早く寝たかったのですが、宿のおじさんが裏庭を見てこいと急かすのでしかたなく見に行くことに。

(こういうマイペースっぷりがヨーロッパっぽい)

 

逃げれそうもないのでせっかくの好意なので見てみることに。

 

THEカボチャ。

売ってるのと同じサイズ。

 

巨大ズッキーニ。

カボチャと同じサイズです。

iPhoneの縦と同じくらいの幅。

 

っていうかズッキーニってこうやって出来るんだ。

収穫前の状態、初めて見た。

 

きゅうりと似てるのでなんとなく同じ感じなのかなと思いきや、ズッキーニの場合、直接根元から生えるみたいです。

 

他にも、りんごの木がざっくり50本以上。

 

油絵のデッサンみたいにテーブルに無造作にたくさん置いてありました。

 

都会の人にとっては絵の中の世界みたいですが、実際にみるとおしゃれさは皆無、ただの生活の一部です。

絵画ではこういう素朴さを切り取って、華やかな美術館にかっこよくディスプレイされてることなんかを考えるとちょっと滑稽さすら感じます。

なんというか、矛盾とかいうか、逆説的?

 

おっちゃんがどうしてもというので二人で撮ってもらいました。

 

ちなみに庭先に車が10台くらいとめてあったけど、本業はなんだったんだろうか?

 

もやもやしつつ、この日は18時くらいに寝ました。

 

そうそう、シャワーが冷水しか出ませんでした

 

しかし、“こりゃだめだ!僕一人の手にはとても追えないよ!(ニカっ)”と、満面の笑みで言われましたが35度越えだったのでもはやどうでもよかったです。

 

ここまでくると、ヨーロッパ人のマイペースっぷりは世界を変えるかもしれない、と思うほど強いなぁと思ったのでした。

 

つづく

 

 

★ブログランキングに参加しています★

ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

最後にぜひ、以下のいずれかのボタンをポチッと押してください!ご協力お願いします✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です