世界一周145日目〜ベルガモでシチリア人と交流

まさかの激安シューズ

こんにちは。トモミです。

 

この日もベルガモの朝は最高にいい天気!

すっかり気に入ったベルガモですが、ユウキくんの靴がボロボロになってきたので

この日は散策がてらお買い物をすることに。

ボローニャを思い出すアーケード通りもあるベルガモの街をぶらぶら。

 

イタリアで靴を買うなんて、憧れる人もいるのではないでしょうか?

ってか高いんじゃない!?

と考える人もいるかと思います。(私はそうでした)

 

しかし…

こちらのサンダル。

まさかの12ユーロ!(約1500円)

 

ベルガモは移民が多い地域でもあって、

ある通りに入るとアフリカ系、中華系の人ばかり見かけます。

そこで見つけた中華系のお店でゲット。

 

その後も色んなお店をウィンドウショッピングしていたら…

なんと19.99ユーロ(約2600円)均一シューズショップ発見!

しかもとってもいい色の掘り出し物をゲット!

イタリアでまさかの良い買い物ができて大満足。

 

”高そう”というイメージがあっても実際見てみないとわからないですね〜

東京だって物価高いイメージあるけれど探せば安いお店はあるし。

 

現地のイタリア人もこれらの安いお店に通い慣れた雰囲気で、

”安くてダサいもの”ではなく

”オシャレだけど安いもの”を選んでいる様子でした。

 

フランスに住んでいた時も

プチプラ商品おばあちゃんから譲り受けた小物を組み合わせて

オシャレに着こなしていた友達もいましたが

賢くオシャレを楽しむ姿は学びたいですね✨

 

まさかの日本?製品

靴がお目当てでしたが、

その他にもぶらりと入ってみたお店で面白い商品を見つけたのでご紹介。

 

まさかの…

海苔巻きソックス(笑)

 

履くとつま先からアボカド、サーモン、米、海苔の柄に(笑)

お寿司は各地で流行していますが、まさか靴下になるとは…

寿司好きな友達へのギフトには面白いかも〜

 

続いてこちら。

立派なフィルムカメラセットかと思いきや…

チェキなんです。

そう。ポラロイドカメラセット。

 

こんなに部品を組み合わせることを考えたことも無かったし、

そもそも日本で見たことない商品!

海外向け商品なのでしょうか…?

 

お店の入り口付近にポラロイドカメラコーナーがあったので

イタリアでも人気なのかもしれません。

 

もはや、どんな写真でもポラロイド風にするグッズまで(笑)

外国で売っているものを見てみると

現地の人のセンスとか好みが少し見えてきて面白いですね!

 

シチリア人とのディナー

さて、この日は宿泊先のホストと街中で合流してディナーに行くことに。

しかも彼の故郷シチリアから遊びに来たばかりの友人も合流。

 

私の親戚がシチリア出身ということもあって、行ってみたい場所ですが

行く前にまさかのシチリア人との交流するチャンスがベルガモで(笑)

 

ベルガモ旧市街”チッタルタ”まで徒歩で登りつつ…(美しい…)

ベルガモをとても気に入っているジョゼッペさんの

仕事後のお散歩コースをみんなで歩いて行きます。

 

チッタルタには中世の街並みが残されていて

中世の時代には城門が閉まる鐘を鳴らしてチッタルタの外で働く男たちが帰宅していたそうです。

 

ちなみに現在も城門が閉まる鐘だけは毎日鳴り響きます。

夜10時になると5分間で180回も鳴り響くのですが…結構遅い時間ですね。

こちらはジョゼッペさんお気に入りの絶景ポイント。

赤屋根が一面に広がります!

夕日に照らされてより一層美しい…

 

水が豊かなベルガモは今でも街の各所で無料の水が飲めるようになっていますが、

中世の時代にはこんな形の洗濯場が使われていたのだとか。

こちらのヘリでゴシゴシ洗っていたそうです。ちゃんと保存されているのがすごい!

日本の江戸時代のような井戸端会議もあったのでしょうか…

そして、前日の観光では勘違いしていたのですが…

こちらのお店に飾ってあるバスケットは

お店の料理を詰め込んだピクニックセットを入れるためのカゴなんだとか!

耳を澄ましたら、

クニックをイメージさせる小鳥のさえずりBGMまで流れていました(笑)

 

そんなプチガイドまでしてくれたジョゼッペさんですが

彼でも知らなかった場所がありました。

チッタルタのメインストリートからちょっと見える

中世のトンネルを抜けると…

昔の修道院跡を活用したイベントホールが!

アートイベントや映画を上映することもあるそうです。

中世の建物の雰囲気の中での映画は独特の味わいがありそうですね…!

 

ただ、この時はなぜかメキシカンミュージックが流れていてノリノリでした(笑)

せっかくなのでみんなでセルフィー!

観光しつつ、目的のお店に到着。

裏路地に小さな立て看板が置いてあるだけのお店。

前日には気付きもしなかったのですが、実は地元の人も含め人気店。

 

小雨が止んだばかりでテラス席が解放されて

わずか数分でかなり埋まって来ています!(私たちの後ろには席待ちの行列が)

お目当の食事は、ベルガモ名物のポレンタ!

私はきのこソース付きのポレンタにして見ました。

ポレンタはコーンミールを粥状に煮たイタリア料理。

 

食べてみると…

蕎麦がきを思い起こすような粘り気があって

ブイヨンの旨味が凝縮されていて…美味

 

きのこソースも濃厚で最高の組み合わせ…!

ここはジョゼッペさんお気に入りのお店で、

週に一回は食べに来るのだとか。

 

故郷とは違う場所に住んでいても、

歴史を知って、行きつけの店もできたら新たな”地元”になりそうですよね!

 

それにしても二人ともシチリアをこよなく愛していて、

イタリアを愛している、というよりもシチリア・ラブ!という感じ。

 

彼らがシチリアを愛するポイントはこちら

①いつでも美しい海で泳げる

いつでも海でクールダウンできるから暑さなんて何のその

逆に泳げない環境はストレスが溜まるそうです…

 

②ご飯がとにかく美味

特にここの話が濃かった!(今まであったイタリア人ほぼ共通)

沢山の写真と一緒にどれだけ美味しいか熱弁をふるってくれます。

流石イタリア!

 

意外だったのが、

グラニータという緩めのかき氷的なスイーツが

ブリオッシュとセットで朝食の定番だということ。

朝から冷たいものを食べたくなるような気候なんですね〜

 

③シチリアにしかない色がある

シチリアはレモンが有名ですが、

現地の強い日差しに反射したようなレモン色

鮮やかなブルーなど

 

あの鮮やかな色味が身近に無いと寂しいとのこと。

故郷の色なんですね〜

 

④歴史も濃い

支配者が何度も変わった歴史のあるシチリア。

ローマ遺跡もアラブの面影が残るシチリア王国時代の建物、さらにはフランス統治時代の建物も…

とにかく歴史が詰まっているから歴史好きにもたまらないとのこと。

 

こんな感じで憧れていたシチリアについてポレンタを食べながら

出身者から全力で教えてもらうことのできた濃いディナータイムでした✨

 

そんな、シチリアから遊びに来た彼女が持って来たお土産がこちら。

フェンネル入りのパスタソースを和えたトロフィエパスタ。

フェンネルの爽やかな香りが口いっぱいに広がります…!

 

ああ!シチリアに行きたい!

 

つづく

★ブログランキングに参加しています★

ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

最後にぜひ、以下のいずれかのボタンをポチッと押してください!ご協力お願いします✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です