世界一周215日目〜エギナ島、アテネから1時間のスローライフ

こんにちはユウキです!

 

今日はアテネから少し足を伸ばし、エギナ島という離島に向かいます!

 

そもそも、ギリシャといえば太陽がサンサンと輝くエーゲ海に石作りのフォトジェニックな建物…というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

 

やっぱり、ギリシャに来たなら海を見たい!

 

それは、単純に乗り継ぎまでの数日であっても例外ではありません。

かと言って、THE☆観光地のサントリーニやミコノスみたいなところは疲れるからいきたくないし、手頃で穴場な感じの島はないのか…と調べていたら、見つけちゃったのがこのエギナ島。

 

厳密にはアテネではなく、ピレウスという、これまた歴史ある港町からフェリーに乗ります。

 

もう、見た感じ通りとっても近いので1時間もしないうちに着いちゃうわりに海の透明度が格段にあがるところも魅力!

 

着いてすぐに、ある礼拝堂的な場所でパシャり。

 

いわゆる、観光地の島と違い、人も少なく、一等地の建物でさえ売りに出されちゃってます。笑

 

特にめぼしい物もこれと言って無い島なのですが、その素朴さが逆にいい!

 

あいかわらずギリシャの島はどこに行っても絵になります。

普通の民家の前に、たまたま同じ色のバイクがとまってるだけなのにそれでもなんとなくかわいい。

 

よく見ると、地味にかわいい植木鉢発見。

 

とりあえずメインっぽいところを歩いてみます。

クレタ島を思い出して懐かしくなりながらさらに足を進めてみると….

 

まさかの、超一部分だけで、その1本後ろの道はTHE田舎という閑散具合でした。笑

 

観光という観光もしないまま、道の端で折り返し、今度は海の方向に歩いて見ることに。

オーシャンビュー…というかもはや天気次第ではインザオーシャンな感じのカフェを発見。

 

座って、海を眺めながらフラッペを飲みました。

 

ちなみに、お店はパッと見、もし日本にあったらかなりおしゃれな感じなのですが、ギリシャにあると良くも悪くも一気に田舎臭くなります。そこが、また良い (気を使わないで済むので)。

 

一応、エギナ島の名物と謳っている、干しダコ。

(特に特別な感じがしなかったので食べませんでした笑)

 

なんとものんびりした島タイムを過ごしたあとはレストランを背にしてさらに歩きます。

 

しばらくすると見えてくる、ビーチ。

松林に囲まれていたので、ここは松島か?という雰囲気でした。

ギリシャ感のない写真。笑

 

近づいて見ると、なんだかモフモフしたものが積み上がってます。

 

おそらく海藻だと思いますが、足が埋まるくらいモフモフで気持ちよかったです。

 

ふと、遠目に地元人らしき釣り人発見。

なんだか絵になります。

 

みてわかる通り、かなりワイルドに餌のついた糸を竿なしでブン投げてました笑

 

このすぐ真裏にはアポロ遺跡があります。

ギリシャあるあるの、入場料を払わずとも外から丸見えのパターン。笑

 

ちなみに全体図はこんな感じ。

 

あいかわらず、どこに行っても必ず遺跡があるのがギリシャっぽいです。

さらに海沿いを歩きます。

 

偶然撮れた、海の男たちの絵になる写真。

 

これで歩いて行ける範囲は全部見終わってしまったので、あとはのんびりレストランで過ごすことに。

ちょうど、その時差した夕日がこちら。

 

ここからはギリシャの海と夕日のコラボを心ゆくままお楽しみください。笑

 

 

 

嗚呼、ギリシャよ、なぜそんなに美しいんだい…

 

最後は、帰り道に撮った、仕事を終え眠りに着く船たち。

 

アテネ周辺に来た時は一押ししたい、のんびりした島でした。

 

つづく

 

Campfireにてクラウドファンディングを開始しました!

私たちのプロジェクトについて詳しく知りたい方、

そして支援をご検討いただける方

ぜひ以下のボタンをクリックして詳細をご覧ください✨

 

募集はクリスマスまでになりますが、

できるだけ締め切りよりも余裕を持ってご支援いただけると幸いです。

 

よろしくお願いします✨

 

 

★ブログランキングに参加しています★

ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

最後にぜひ、以下のいずれかのボタンをポチッと押してください!ご協力お願いします✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です