世界一周221・222日目〜マカオに訪れている変化

こんにちは。
トモミです。

 

マカオへ!

短いながらも濃い滞在を終えたシンガポールを離れ、香港へ!

そして香港からフェリーに乗ってマカオに向かいます。

マカオは2回目なのですが、チケット売り場がなぜかすぐに見つからず

声をかけたおじさんが旅行会社の人でなぜか割引価格&ペットボトルを2本おまけ付き。

 

ちょっと不安でしたが、無事に乗れて快適な船の旅へ!

目の前には香港の美しい夜景!

大胆なライトアップです…!

 

そしてマカオでは友人の家に滞在したのですが、

香港と似ていてこちらも高層マンションだらけ。

夜も遅かったので翌日に備えます…

 

香港ランチ

旅の疲れを癒しつつこの日はお昼スタート。

久しぶりに再会した友人とそのご両親とランチへ!

 

いただいたのがこちら!

飲茶!!

どれもこれも美味しい…✨

 

そしてこの店のイチオシがこちら。

ん…?メロンパン?

 

パッと見、小さなメロンパンにしか見えませんが

実はチャーシューマン。

 

外側はカリッとしていて中にはジューシーで口どけなチャーシューが…

絶品!!

 

点心も具材がたっぷり詰まっていて

プリプリかと思えばシャキシャキ食感が混ざっていて

食感も楽しめる美味しさ!!

 

友人ともそのご両親とも前回会ったのが結婚前。

変化に驚かれつつ、美味しい飲茶を楽しみながら

お互いの近況報告をしつつ…楽しいひと時でした✨

 

マカオの知られざる側面

私がマカオ二回目ということもあり、友人が連れて行ってくれたのはこちら。

ポルトガル植民地時代に建てられた建物。

実はここ、ハンセン病を発症して隔離された人をかくまっていた場所。

ポルトガル人の宣教師たちが感染することを恐れずに看病したのだとか。

 

歴史的意義が見出されて改修が開始したそうですが、

まだ手つかずの建物はこんな状態。

天空の城ラピュタに出て来そうな、そしてもはや植物がメインになりつつある建物。

ハンセン病者をケアしていた修道士さんの礼拝堂もすぐお隣に。

英語名はOur Lady of Sorrows Church

中は修復中のため、外からの見学だけでしたが

あちこちにポルトガルらしいカラフルな色使いが感じられてなんだか不思議な気分。

ちなみに、マカオといえばカジノが有名ですがそのエリアとも世界遺産のエリアとも全く異なる

隔離された場所にひっそりと佇んでいます。

タイパ島の南東部、丁度マカオ空港の滑走路の真裏にあります。

 

ゴミ処理場や刑務所、薬物依存症患者用の病院などが集まり

滑走路の裏にある、自然に囲まれた

いわゆる人の目につかないマカオの異なる側面を見ることができます。

ちなみに新たに建てられた薬物依存者用の病棟は

ハンセン病患者をケアしていた遺跡のすぐ隣に。

これからオープン予定なのだとか。

 

聖フランシスコ・ザビエル教会の先から見える変化

いきなり珍しいところから連れて行ってもらった私たち。

そこからは島の西側に移動して有名な聖フランシスコ・ザビエル教会のあるエリアへ。

4年ぶりに来たけどやっぱり可愛らしい✨

フォトジェニックな場所では若者が写真を撮りまくっていて4年前との文化の違いを実感。

ポルトガルに対しての地元民の想いは複雑なのだそうですが、

残された建物は時代を超えて愛されています。

教会の中はシンプル。

当時のマカオ人に宣教する際にわかりやすいように現地風にマリアとイエス像を描いたそうですが…

実際にはどのように捉えられていたのか気になるところです。

 

そして、このエリアには有名なエッグタルト屋さんが!

なんてったって焼きたてが食べれるのが嬉しい✨

日本でも香港でも食べたことはありますが

ここの焼きたてがやっぱり最高✨

サクサクのタルト生地をかじると甘さ控えめで素材の優しい甘さがトローリと口に広がる…

世界各地を渡り歩いたマカオの友人がイチオシする理由も納得。

 

ちなみに、マカオの公用語は2言語。

広東語とポルトガル語。

標識は必ずこの2言語表記。

しかし現在はポルトガル人は基本的に住んでおらず、ポルトガルの親戚を持つ人がポルトガル語を理解できるとのこと。

多くの人は広東語で育ち、北京語を学校で学び、外国語を学ぶとすると英語からスタート。

 

公用語と言えど、理解できる人が少ないという不思議な場所。

ちなみに看板などでは広東語とポルトガル語しか表記されておらず、英語表記が無かったりするので

どっちの言語も読み取れない人はちょっと困ることもあるかも。

 

引き続き同じエリアをお散歩して行ったのですが、

ここは元々漁師さんが住む村だったとのこと。

 

現在でも舟人と呼ばれる人が住んでいます。

海の上に木を組んでその上にトタンを乗せただけの簡単なお家。カラフルな色使いでカフェに改築したものもありました。

 

ポストを見ると”舟人街”と書かれています。

近くには魚介類の香りが漂っていて、

加工品も販売中。

ここでは4年前との大きな違いに気付いたのが

対岸の景色。

対岸は中国大陸なのですが、4年前はただの更地で何も無くて誰も住んでいなかったのですが…

ここ数年で町ができたのだとか。

 

マカオに迫り来る中国パワー。

視覚的にも感じられるほど近づいて来ていますね…。

 

そのスピードの速さに驚かされるばかりですが、

マカオの対岸だけでなくマカオにも中国大陸からの移民が続々と増えているのだとか。

 

マカオも中国人なのでは?と思う人もいるかと思いますが、

民族的な問題よりもキャラクターの違いが大きくて

マカオの人は温和な人が多く、穏やかなのだとか。(確かにそうでした)

 

だから、見た目は似ていても積極性を持ち合わせている人が来ると

ちょっと引いてしまうとのこと。

 

ポルトガルフェスティバル?

この日はなんとフェスティバルが開催されているということで向かって見ることに。

マカオで生まれ育った友人はなんと生まれて初めて行くとのこと(笑)

 

タイパ島の南端から今度はマカオ半島へ。

途中、マカオ名物のカジノ街を通過〜

ド派手ー!

建物の真ん中にある8の字の部分は観覧車になっているそうです…

 

そしてまさかのエッフェル塔(もどき)!

そして…ベネチアもあります。

このエリアだけ見るともはやどこの国にいるのかわからなくなりますね…

広東語が書いてなかったらラスベガスの一角と思える景色。

 

中国大陸からの来客で溢れていて、マカオの稼ぎ頭ともなっているカジノ。

カジノのディーラーとして腕を磨けば稼げるということで

マカオでは高卒もしくは中卒でカジノに就職してしまう流れもあって

進学率は上がりにくいのだとか。

 

そういう背景を知るとますます複雑な気持ちになりますね…

 

さて、Taipa Villageに到着!

賑やかなお土産ストリートで試食しつつ進むと…

お祭りの看板が!

入って見ると…

おおー!派手なイルミネーションが!

そしてポルトガルのお祭りなのでポルトガル関連の出店かと思いきや…

アフリカの民芸品?

アフリカンデザートの試食会?

謎のブースも一応アフリカ関連(らしい)

…と、ポルトガルブースは一応あったものの、

ほとんどがアフリカ関連。

 

そして、同じエリアでアート展がやっていたので入って見ると…

アフリカ人アーティスト…

他の展示室も別のアフリカ人アーティスト…

もはやアフリカンフェスティバル。

友人によると、中国がアフリカに積極進出している関係で

様々な場所でその影響が出ているのだとか。

 

いやしかし…ポルトガルフェスティバルだよ?

そもそも大陸も違うし…

とツッコミどころしかありませんが、国の事情を垣間見ることのできたフェスティバルなのでした。

(あ、ポルトガルのソーセージの試食美味しかったです!)

 

マカオの家族の味

夜は友人宅にてご両親特製ディナーをいただくことに。

4年前を思い出す嬉しいひと時✨

 

お父さんがインドネシアで育ったこともあって

マレー料理もmixされた優しい家庭料理。

どれもこれも美味しくて箸が止まりません!!

一番印象的だったのがこちら。

薬膳スープの出汁をとったもの。

スープを作った後も美味しくいただけるとのことで食べて見たら

薬膳の香りが口いっぱいに広がって美味しい!

 

そして体にとっても良さそう!!

体調や季節に合わせて各家庭でオリジナルブレンドで作る薬膳スープ。

日本には無い、食卓に薬膳が並ぶという習慣。

 

学んで実践して見たいですね…!

 

つづく。

 

番外編

そういえば、マカオでスーパーに行って見て驚いたことは日本製品の多さ!

特に私たちが訪れたスーパーではアイス売り場が大変なことになっていました(笑)

え…日本じゃん!?

むしろ日本のスーパーよりも品揃えが良いのでは…?

 

ちなみにマカオの人が好きな旅行先として日本は常にトップにあるそうです。

日常的にここまで日本製品を見ていると違うでしょうね…

 

以上番外編でした(笑)

 

*************************

Campfireにてクラウドファンディングを開始しました!

私たちのプロジェクトについて詳しく知りたい方、

そして支援をご検討いただける方

ぜひ以下のボタンをクリックして詳細をご覧ください✨

 

募集はクリスマスまでになりますが、

できるだけ締め切りよりも余裕を持ってご支援いただけると幸いです。

 

よろしくお願いします✨

 

★ブログランキングに参加しています★

ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

最後にぜひ、以下のいずれかのボタンをポチッと押してください!ご協力お願いします✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です