世界一周240〜アンコールワットの拠点、シェムリアップへ移動

こんにちはユウキです!

 

今回はアンコールワットで有名なカンボジアの街、シェムリアップへの移動日です。

 

首都プノンペンで残虐な歴史に触れすぎて、体力をがっつり持って行かれました。

 

そんな中でもはや記憶もあいまいなシェムリアップへの移動ですが、飛行機で1時間爆睡。

値段は日本円で6900円くらいでした。

 

空港にはミニチュア版アンコールワットがありました。

 

シェムリアップはアンコールワットに最も近い、拠点となる街です。

街の経済は観光に完全に依存しているため、ある意味で首都プノンペンよりにぎやか。

 

僕たちが泊まった宿。

2000円/泊でプール付き!

とりあえず、疲れを取るため、プールで汗を流し、軽く昼寝。

…のつもりが、即爆睡。

 

起きると真っ暗でした。

 

ホテルから徒歩1分でセブンイレブンのバッタもんみたいなコンビニがあります。

 

そして3分も歩けば屋台街があり、安定のカンボジアン中華が100円代で食べれるような超快適なところ。

 

もちろん、屋台のメニューは不思議な日本語も健在です。

 

とりあえず、マーケットストリートへ出てみます。

 

非常に華やかに見えますが、道路は舗装されてなかったり、随所に発展途上の空気を感じます。

 

Tシャツが1枚2USD(200円)、しかもここから値切れます。

カンボジアクオリティですが、お土産にいかがでしょう?

 

とにかく暑いので、シェイクを飲みながら散策。

 

1杯1USD(100円くらい)です。

 

そのままPUB STREETへ。

ちょっと、スターウォーズの酒場っぽいと思うのは僕だけでしょうか?

 

ただし、ここらはちょっと観光客向けっぽいので、ここから出た少し先にある店で1杯飲んで見ます。

 

地元のアンコールビールが1USD(100円)

 

暑い国のさわやか薄味のビールは生き返ります。

 

あぁ、なんだろう…。

アンコールワットのために来たはずなんだけど、もうアンコールワットいかなくていいんじゃない!?と思うほど居心地のいい街です。

 

ちなみにカンボジアの通貨はUSDなのですが、その理由は、自国での通貨がハイパーインフレによって実質紙切れになってしまったからだそうです。

 

ポルポト時代に経済を否定するような政策に出た代価がこういうところに出てしまったんですね。

 

色々考えさせられる1日でした。

明日はアンコールワットに向かいます!

 

 

つづく

 

*************************

★ブログランキングに参加しています★

ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

最後にぜひ、以下のいずれかのボタンをポチッと押してください!ご協力お願いします✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です