世界一周249日目〜タスマニアの動物に感動①

こんにちはユウキです。

 

今日はいよいよタスマニア島の醍醐味、珍しい動物に会いに行く!

目的地は、フレシネ国立公園(Freycinet National Park)。

 

標識の時点でワクワクが止まらない。

 

道中も羊がたくさんいるが、もちろんこれは「珍しい動物」ではない。

日本人的には、こんなに大量の羊がそこらへんを歩いているのも、十分非日常な光景なのだが。

 

到着。

タスマニア島の中にフレシネ半島という地域があり、そこら一帯が国立公園に指定されているようだ。

 

半島の両側をえぐるように湾が広がり、島全体がワイングラスのように見えるということで、「ワイングラスベイ」の名前でも有名。

 

ビジターセンターで入場料の12AUD(約900円)を支払う。

 

受付のすぐ近くにハリネズミ発見!

…と思いきや、これは「ハリネズミ」ではなく「ハリモグラ」という動物で、ネズミ科ではなくカモノハシの仲間らしい! (さらにレア)

 

めっちゃかわいい!!!

 

愛でたいけど愛でたら痛そう…というジレンマが余計に愛おしさを増長させる。

(文字で書くと、ヤバイ人に貢いでる人みたいに聞こえる)

 

ちびまる子ちゃんに出てくる、たまちゃんのお父さん並みに写真を撮りまくる。

撮ろうとすると、なかなかこっちを向いてくれない。というか隠れようとする。

 

隠れようとするけど、めっちゃ遅いのが健気でまた愛おしい!

後ろ姿も、「ツンデレかよ!」とつっこみたくなるような、トゲトゲとモフモフのコンビネーション。

 

って、気づいたらすごい枚数になってた。

 

ビジターセンターを離れ、さらに奥へと車で向かう。

車で行けるところまで行き、その後はトレッキングという流れになる。

 

車を止めると、ワラビー発見!!

 

小っさ!

かわいい!!!

 

めっちゃ人懐っこい。

かなり近くまでやってきたので、ナデナデした。

 

むっちゃカメラ目線。

 

「なかまになりたそうにこちらをみている…」とはこのことか!?

 

と思ったら、もっとゲンキンな理由だった。

 

このあともいろいろ動物みたけど、ワラビーが一番かわいかったな…

庭が広い家に住んで飼いたい、と思うくらい。

 

トレッキング開始。

 

道は舗装されているけど、両サイドがワイルド。

 

結構なサイズの岩石がそこらじゅうにゴロゴロ転がってる。

 

いまにも落ちそうで落ちない、絶妙なバランスの岩。

 

昔はこの一帯がアボリジニの狩猟場だったらしい。

 

山とか坂というよりも、岩石の合間をかいくぐって行く感じ。

 

頂上に到着!

 

こちらが例の「ワイングラスベイ」。

 

残念ながらこの角度からはワイングラスには見えなかったが、頂上でドローンを飛ばしてる人もいたので、上空から見たらそう見えるのかもしれない。

 

どちらかというと、マティーニグラスか、下手したら しいたけに見えた。笑

 

頂上は景色もさることながら、地形が面白かったのでいろんな写真を撮って結構楽しめた。

 

頂上まで約1時間のトレッキングだったが、ここから下ってワイングラスベイに行くことも可能だそうだ。

一番長いコースだと、ビジターセンターの営業時間内に帰ってこれないため、キャンプで1泊確定のルート。

 

僕たちは1時間のトレッキングで大満足したのでここから戻ることに。

 

帰りに、またワラビーがいた。

出現率高し!!

 

帰り道にまた動物発見!

ウォンバットくらいの大きさだけど、しっぽが長いのでネズミの一種だろうか?

 

調べて見ると、Tasmian Bettong (フサオネズミカンガルー)という、カンガルーの仲間の有袋類らしい。

https://pz-garden.stardust31.com/yuutai-moku/nezumi-kangaru-ka/husao-nezumikangaru.html

 

このあと、ジェラート屋に立ち寄ったのだが、サイズがすごい。

(比較はiPhone SE。ちなみに、このあと、上のアイスはテーブルの上に落ちた。食べたけど。)

 

タスマニアらしい大自然と動物を堪能した1日だった。

 

つづく。

 

 

*************************

★ブログランキングに参加しています★

ここまで読んでいただきありがとうございます(^^)

最後にぜひ、以下のいずれかのボタンをポチッと押してください!ご協力お願いします✨

 

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です